ミナペルホネン mina perhonen の宅配買取・高額査定

ミナペルホネン mina perhonen買取・査定実績服(古着)・時計・財布・バッグ 買取強化

ミナペルホネン mina perhonenの
服(古着)・時計・財布・バッグを
どこよりも高価買取します。
他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください

アパレルブランド高価買取サイト<フクウロ>では、ミナペルホネン mina perhonen を強化買取中です。ミナペルホネン mina perhonen の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、フクウロに買取させてください。フクウロでは、あなたのミナペルホネン mina perhonen・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。フクウロなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なミナペルホネン mina perhonen の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

ミナペルホネン mina perhonen 買取実績

状態ランクとは?

フクウロの古着&洋服買取サービスが選ばれるワケ

  • すべて無料

    査定のみでも
    無料で行います

  • 宅配キットをお届け

    梱包用のキットを無料で
    お届けします。

  • アパレルブランド買取実績 10,000種類以上

    他店で断られた
    アパレルブランドも
    お任せください!

  • 迅速・確実スピード対応

    商品到着~ご入金まで
    最短3日で
    ご対応いたします

  • 高価買取 どこよりも高く

    ダイレクト販売サイトを
    運営しているから
    高く買えます ※1

※1 当社より高価で買い取る業者がございましたら、連絡ください

  • 買取基準について
  • 買取できるもの できないもの
  • 査定はこんな感じ

ミナペルホネン mina perhonen 買取事例

ミナペルホネンの買取ならフクウロにお任せください。

ミナペルホネンの歴史

日本発の女性服ブランドとして、ミナペルホネンには根強い人気があります。ミナペルホネンは1995年、デザイナーの皆川明によって創られ歴史をスタートさせました。当初のブランド名は「ミナ」だったものの、2003年から現在の名前に改名しています。ブランド名の由来は創設者の苗字の一部であり、フィンランド語で「私」を意味する「ミナ」と「ペルホネン(蝶)」を合わせた造語です。蝶のように美しく、軽快なイメージが込められています。
そもそもフィンランド語が採用されたのは、皆川氏のこだわりが反映された結果です。さまざまなデザインを学ぶ中で、皆川氏は北欧デザインの持つ人間的で親しみやすい商品に魅了されていきました。また、北欧の思いやりを重んじるライフスタイルも、皆川氏が目指すブランドのコンセプトに適していました。ミナペルホネンでは北欧デザインのように着る人本来の個性を尊重し、引き立てていけるような衣服を目指しています。
実際、ミナペルホネンにとって蝶は重要なモチーフであり続けています。そのほか、多くの生き物や植物がミナペルホネンのデザインを彩ってきました。その理由は、ブランドの求めるやわらかでオーガニックな魅力と自然がマッチしているからです。ミナペルホネンの衣服は決して派手な趣向こそありません。そのかわり、シンプルな美しさを追求したカラーリングが特徴的です。時代が変わっても着続けられる普遍的なデザインで、日本中に女性ファンを獲得しています。
2000年に直営店を東京に設立して以降、ミナペルホネンの躍進は止まっていません。2004年にはフランスでも新作コレクションを発表するようになりました。その個性的なデザインは欧米でも高く評価されています。その後、ミナペルホネンの評判は世界に広まっており、2006年にはデンマークのメーカーからも皆川氏デザインの商品がリリースされました。2007年には京都進出も果たし、ファッションへの感度が高い土地でも固定ファンをつかんでいます。その後、京都には「ミナ ペルホネン アルキストット」「ミナ ペルホネン ピース,」といった直営店が次々にオープンしました。
ミナペルホネンのモットーは、土地に合った商品を展開していくことです。ブランドが売りたいものを強引に宣伝するのではなく、店舗を出した地域のニーズを見極め心からお客が満足してもらえるものづくりを行っています。店舗ごとのカラーを見ていくと、ミナペルホネンのこだわりは顕著に見えてくるでしょう。たとえば、代官山では衣服を中心に販売する店舗を置いていますが、渋谷の「materiaali」では生活用品を押し出しています。渋谷ではそのほか、リメイク品をそろえている「ミナ ペルホネン ピース,」も営業しています。
2012年には、東京スカイツリーのユニフォームデザインを引き受け、ミナペルホネンの知名度はさらに高まりました。そして、2013年にはレペットとコラボレーションしたシューズを発売しています。2014年には、道後オンセナートの催し物として、旅館の一室をプロデュースしました。ミナペルホネンがハイセンスなお客からも指示されているのは、常に挑戦をする姿勢が愛されているからです。
イタリア、フランス、スウェーデンといったヨーロッパのメーカーとのコラボレーションも多く、ミナペルホネンは弛まぬ進化を続けています。デザイン的には流行に媚びを売らないミナペルホネンも、営業形態では同時代性を意識しておりお客のニーズに応えています。ネットショッピングやアイテムのレンタルといったサービスも充実しており、これからも目が離せないブランドです。

ミナペルホネンの特徴

利便性とデザインを両立させている点で、ミナペルホネンのバッグは人気があります。カラーリングが穏やかなうえ、デザインがオーソドックスなのでどんなスタイルにも似合うのがメリットです。衣服とのコーディネートに迷わずに普段使いしやすく、手元にあるとヘビーローテーションになるでしょう。中でも、「Flying tote」と呼ばれるトートバッグは多くの女性から愛用されています。最大の魅力は、生地に使用された倉敷帆布です。繊細な肌触りと上品な色合いで、女性らしいビジュアルを演出しています。一方で、質感が軽く、実用性も抜群です。ミナペルホネンのトレードマークともいえる蝶々が美しくプリントされており、心も弾ませてくれるリネンのバッグです。
寒い季節になると、コーディネートの大きな悩みとしてコートが出てきます。コートはシーズンごとの流行すたりが激しいために、昨年買ったコートが時代遅れになりがちです。そのため、毎シーズンのようにコートを買い換えている女性も多いでしょう。しかし、普遍的なデザイン性を追及しているミナペルホネンのコートなら、その年のトレンドに関係なく着こなせるメリットがあります。ミナペルホネンのアイテムでは、サークル柄が魅力のロングコートがおすすめです。大胆なデザインで、地味になる傾向のある冬ファッションにアクセントを加えてくれます。パーツごとに素材を切り替えるなど、細かなところにミナペルホネンらしいこだわりが投影されているのもうれしいところです。カラーもネイビー柄とチャコール柄が用意されています。
足元のオシャレを徹底するためにも、ミナペルホネンのアイテムを選んでみましょう。バイカラーシューズは、ボリューム感のあるフォルムはもちろん、実用性にいたるまで細かく設計された逸品です。最大の特徴は、なんといっても履き口を囲むボアです。見た目にも暖かみがあるだけでなく、実際に足を通してみると保温性を感じられます。ブーツ仕様ではあるものの、底はあえて低めに作られており、足への負担を軽減してくれます。デートやショッピング、カジュアルオフィスなど、さまざまな用途に使用可能です。よく目をこらせばミツバチをモチーフにしたワンポイントがあるなど、さりげないアクセントもチャーミングです。
財布もまた、使いやすさと見た目を両立させたいアイテムといえます。ミナペルホネンの「cuddle pouch-jardin」シリーズにはたくさんの趣向がこらされており、使い続けるほどに思い入れが強まっていく品物です。カラフルなベージュ、落ち着いたネイビーと自分の好みによって色合いを選択可能です。パイル地の感触がよく、ポケットに入れて持ち歩いても型が崩れにくいのは大きな魅力でしょう。全体的には花柄ですが、派手になりすぎず大人の雰囲気を保っています。がま口の留め金は猫のデザインになっており、キュートさが加えられています。自分で使うほか、大切な人へのプレゼントとしてもぴったりです。
ミナペルホネンのアイテムを家に置くなら、食器もおすすめです。デザインにクセがないので、インテリアとの兼ね合いに悩むことがありません。そのうえ、機能的なフォルムで収納性にも優れており、スペースのないキッチンでも大活躍してくれます。ミナペルホネンの食器で定番といえば、「ボール小」シリーズでしょう。フリーハンドで描かれたドット柄が印象的なボールは、茶碗にも皿にも使えるアイテムです。色もホワイト、グリーン、ライトブラウン、ライトグレーの4種類があり、好みに応じて選べます。商品ごとに微妙な濃淡が異なっているのも、かけがえのない個性となっています。

ミナペルホネンの買取価格・相場

一般的にブランド品の買取価格で、正確な相場を見極めるのは困難な作業です。なぜなら、同じ商品でも保存状態やリアルタイムの需要などによって大きく変動するからです。それらの事情を踏まえての情報ですが、ミナペルホネンは比較的高価買取が期待しやすい商品です。まず、ワンピースやスカートなどの衣類は2万~3万円ほどでの買取が可能です。コートなどの購入価格が高い衣類ともなれば、5万円以上での買取も十分にありえます。
小物類になると、相場は5000~1万円ほどになります。中でも人気商品はバッグ、靴といった普段使いしやすいアイテムです。中には、3万円を超える買取価格が出るものや、購入価格のほぼ半額で買取ってもらえるものもあります。そのほか、日用雑貨、文房具などもニーズによって高額買取を狙えます。

ミナペルホネン高価買取のコツ

高額買取が実現する理由として、ミナペルホネンのものづくりに対する姿勢が挙げられるでしょう。ミナペルホネンの商品は他のブランドと比べると、時期によって急激に価値が下がりにくい性質を持っています。なぜなら、耐久力があるうえに時代性にも左右されない美しさをそなえているからです。
とはいえ、新しいモデルのほうが、高価で買取ってもらえる確率が大きいのも事実です。少しでも買取価格を上げるためには「いらなくなったらすぐに処分する」習慣を身につけましょう。買取ショップの多くは、季節の品だからといって高値をつけません。それよりも、発売されてからの日数を気にします。たとえ春に冬服を売りに出したとしても、発売日からそれほど経過していなければ買取価格が上がりやすくなります。
発売から年数が経っていても、状態が良ければ多くの場合、問題にはなりません。しかし、「生活臭がしみついている」「前の持主の体格で型がついている」などの条件が重なれば例外です。中古ショップで商品を探す人は、前の持主が頭をよぎるような商品を購入したいと考えないからです。自分の肌に触れる衣類であれば、なおさらでしょう。どんなにミナペルホネンが普遍的な魅力を誇っているブランドだとしても、高価買取をしてほしいなら発売から3年以内を目安にするべきです。手放すかどうか迷っている品物があるときは、とりあえず買取価格を聞いてから判断してみてもいいでしょう。
次に、「査定前の修繕」も重要です。商品のコンディションが悪くなるほど、買取価格は下がります。特に、ミナペルホネンのようにオーソドックスな色合いが特徴の商品はわずかなシミやほつれが致命的な欠陥になりかねません。もちろん、こうした汚れは手のほどこしようがないケースもあります。しかし、クリーニングに出したり、手縫いで克服したりできる程度であれば、事前に直しておくのが効果的です。
また、ブランド品全体にあてはまるポイントとして、付属品は欠かさないようにしましょう。付属品とは、商品本体に付いてくる細かな品々のことです。食器類であれば元々入っていた箱が、コートであれば取り外し可能なボアやフードなどが付属品です。買取ショップはブランド品が発売時にどんな状態だったかを知り尽くしているため、当然、付属品の有無についても細かく査定してきます。付属品が足りないのは大きなマイナスポイントであり、買取を断られることも少なくありません。逆に、完璧に付属品がそろっていれば高く評価してもらえます。
買取に出す前には、ショップの在庫状況も確認しておくのがおすすめです。人気商品のはずなのに買取価格があまりかんばしくないこともおおいにありえます。そんなときは、ショップの在庫が飽和していると考えられます。質が高くて需要もある商品でも、店頭に置きすぎていては売上につながりません。発売間もない新商品ならともかく、中古品であればなおさらです。まずは何軒かでショップの在庫状況を比較し、数がそろっていない店に持ち込んでみましょう。
そして、「説明できる部分は説明しておく」ことが肝心です。買取に慣れていない人は、査定してもらう相手はプロなのだから適正に価格をつけてくれると安心してしまいがちです。しかし、買取ショップも商売ですので、できるだけ安い価格で質の高い商品を手に入れたいのが本音です。査定を公平に行ってもらうためにも、アピールポイントは自分から口にしましょう。保証書など、偽物でないと証明できる書類があれば積極的に提出します。
それでも納得のできない買取価格を伝えられたなら、いっそ「買取ショップを変える」という方法もあります。とはいえ、複数の買取ショップを回るのは、体力的にも時間的にも大幅なロスです。交通費も馬鹿にはなりません。そこで、宅配買取サービスを実施しているショップにしぼって買取を希望してみるのもひとつの方法です。宅配買取なら自宅にいながら手間のかかる手続きを済ませられます。そのうえ、宅配買取でも価格交渉を受け入れてくれるショップもあります。購入にお金のかかったブランド品は、しっかり満足できる価格で買取ってもらいましょう。

宅配買取の流れ

空いた時間で、好きな場所で、簡単手間なし!

  1. STEP1 お申し込み
  2. STEP2 宅配キットを受取
  3. STEP3 商品を送る
  4. STEP4 査定結果のご連絡
  5. STEP5 お振込み

ミナペルホネン mina perhonenについて

ミナペルホネンは、1995年に設立されたミナが前身で、2003年に現在のブランド名に改名した。創業者は文化服装学院出身の皆川明で、フィンランドやノルウェーなどの北欧デザインに影響された商品を多く発表している。主に女性用ウェアを展開しており、日本の職人が作り上げた厳選生地を使用した衣服で話題になり注目を集めた。2000年に東京白金台に直営店をオープンし、2002年には東京青山スパイラルガーデンで展示会を行い、2003年にブランド名を現在の名前に改名した。ブランド名の改名にともなってショップもリニューアルしたが大きなコンセプトの変更はなく、従来の顧客層をそのまま維持している。ブランド名の由来は、フィンランド語で私と蝶々を意味する単語を組み合わせたものである。フリッツ・ハンセン社やレペットとのコラボレーションをはじめ、東京スカイツリーのユニフォームデザインを手掛けるなど活躍の場も広がっており、2004年には念願のパリコレクションに参加した。衣服のデザインだけでなく生地・布地の生産にも強いこだわりを持っており、同ブランドの衣服に使われる生地・布地は産地と連携し開発を行っている。蝶や植物をモチーフに使った流行やトレンドに影響されないシンプルなデザインが特徴で、色の組み合わせを重視している。素材選びから加工、生地の製造、配色、プリントなど、素材と製造工程に関わる全てにおいて徹底管理されており、高い品質を維持している。主力製品はワンピースで、ガーリーなデザインに同ブランドが生産に関わった生地・布地でアクセントを加えている。ウェア以外でも、インテリアや食器なども商品展開し好評を得ている。主な購入層はガーリーなファッションを好む10代・20代の女性が中心で、ブランド名改名以前から安定した人気を誇る。近年は、糸井重里が手掛ける手帳のカバーを制作し、一般層にも名前を知られるようになったことから注目度が高く、ミナペルホネンの古着人気も急上昇している。

フクウロSNSでお得な買取キャンペーン情報をいち早くご紹介!

WEBから宅配買取を申し込む

ページTOPへ