モンベル Montbell の宅配買取・高額査定

モンベル Montbell買取・査定実績服(古着)・時計・財布・バッグ 買取強化

モンベル Montbellの
服(古着)・時計・財布・バッグを
どこよりも高価買取します。
他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください

アパレルブランド高価買取サイト<フクウロ>では、モンベル Montbell を強化買取中です。モンベル Montbell の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、フクウロに買取させてください。フクウロでは、あなたのモンベル Montbell・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。フクウロなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なモンベル Montbell の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

モンベル Montbell 買取実績

状態ランクとは?

フクウロの古着&洋服買取サービスが選ばれるワケ

  • すべて無料

    査定のみでも
    無料で行います

  • 宅配キットをお届け

    梱包用のキットを無料で
    お届けします。

  • アパレルブランド買取実績 10,000種類以上

    他店で断られた
    アパレルブランドも
    お任せください!

  • 迅速・確実スピード対応

    商品到着~ご入金まで
    最短3日で
    ご対応いたします

  • 高価買取 どこよりも高く

    ダイレクト販売サイトを
    運営しているから
    高く買えます ※1

※1 当社より高価で買い取る業者がございましたら、連絡ください

  • 買取基準について
  • 買取できるもの できないもの
  • 査定はこんな感じ

モンベル Montbell 買取事例

モンベルの買取ならフクウロにお任せください。

モンベルの歴史

モンベルの歴史は、1975年にさかのぼります。アイガー北壁日本人第二登を果たし、名実ともに日本のトップクライマーとなった辰野勇は、少年時代から、アウトドアグッズの研究開発を行うことを夢見ていました。そして1975年、彼の28歳の誕生日に登山用品メーカーである株式会社モンベルを設立したのです。
世界で愛される登山用品やアウトドアグッズの開発を目指して設立されたモンベルは、日本の多雨湿潤気候に合ったスリーピングバッグやレインギアの研究開発を始めます。1976年には米国デュポン社のダクロン®ホロフィル®を使用したスリーピングバッグを開発し、高い防水性を実現させたハイパロンレインギアの製品化に成功しました。その後、デュポン社の高モジュラス繊維ケブラー®を使用した世界初の超軽量クライミングヘルメットを製品化したモンベルは、ヨーロッパへの輸出を開始します。さらに、1978年には日本初のフリースとなった「オーロンフリース」を開発し製品化にもこぎつけたのがモンベルです。
1983年には発売を開始したゴアテックス®を採用した全天候型のジャケット&パンツであるストームクルーザーを発売しました。軽量化に成功しただけでなく、耐久性も高く機能的なストームクルーザーは、モンベルを代表するロングセラー商品となり、現在でも多くのファンに愛されています。1984年にはアメリカのパタゴニア社と技術販売提携を結び、北米への輸出も開始しました。その後も数々のアウトドアグッズを研究開発してきたモンベルは、2010年にスーパースパイラルストレッチ™ システムを搭載した「U.L.スーパースパイラル ダウンハガー®#1」を発表します。この寝袋はアメリカのアウトドア専門誌『Outside』で「2010 Gear of the Year」を受賞しました。
2011年には「U.L.スーパースパイラルダウンハガー®EXP.」が、アメリカのクライミング専門誌『Alpinist』で「Alpinist Mountain Standards」を受賞します。それと同じ年に「ライトアルパインダウンパーカ」が、アメリカのバックパッキング専門誌である『BACKPACKER』の「EDITORS' CHOICE」を受賞しました。2013年、世界最軽量でコンパクトに収納できる「EXライトウインドジャケット」が、国際的なデザイン賞のひとつとして知られている「German Design Award」(ドイツデザイン賞)のライフスタイルカテゴリーにおいて特別賞を受賞しています。
同年には、プラズマ1000ダウンジャケットとクラッシャブルランタンシェードが、ヨーロッパ最大のアウトドア国際見本市『OutDoor Show 2013』で「OutDoor INDUSTRY AWARD 2013」に輝くという功績も残しました。そんなモンベルは、国際的なブランド認定機関の「SuperBrands(スーパーブランド)」において、「Superbrands Japan 2013-2014」に認定されます。その後、数え切れないほどの賞に輝くモンベルはプロからの高い評価を得るアウトドアブランドとしてその地位を確固たるものとしてきました。
モンベルはアウトドアグッズなどの開発だけでなくスポーツイベントも精力的に行っています。2015年にモンベルが発案し、特別共催を行った「SEA TO SUMMIT®」では、環境省「第3回グッドライフアワード」の環境大臣賞グッドライフ特別賞を受賞しています。2016年には高い保温性能と軽量化を両立した「アルパイン サーモボトル」で、ヨーロッパ最大のアウトドア国際見本市である『OutDoor Show 2016』で「OutDoor INDUSTRY AWARD 2016」WINNERを受賞したのです。2017年にはモンベルクラブの会員も80万人を突破し、多くのファンに支えられ続けているアウトドアブランドとして変わらぬ人気を誇っています。

モンベルの特徴

モンベルの最大の特徴ともいえるのが、日本人の体形に合わせたサイズ展開です。登山などのシーンでは、想像以上に運動量が多く、自分にフィットしていないウエアを着ている場合には疲れを感じやすくなることが多くみられます。欧米人と比べると腰の位置が低く骨格が小さい日本人にとって、海外製のウエアに違和感を覚えることも少なくありませんでした。そこに目を付けたモンベルは、日本人にピッタリとフィットする着心地のいいウエアの開発に乗り出します。モンベルのウエアは着心地が良く、これまで以上に登山が満喫できるという声も多く寄せられ、国産メーカーならではの良さが感じられる仕上がりです。
また、モンベルは寝袋の開発にも力を注いできました。モンベルの寝袋には、スーパースパイラルストレッチシステムとスパイラルストレッチシステムの2種類があり、伸びて体にフィットする寝袋として人気があります。伸縮率130%のスーパースパイラルストレッチシステムには糸ゴムが採用され、就寝中の無意識な体の動きにも対応できることが特徴です。その結果、寝袋内に空気が入り込まず、高い保温力が実現できるようになりました。
アウトドア時の暖かさを追求するモンベルでは、ダウンジャケットに「EXダウン」を使用しています。寒暖差が激しい地域で育った水鳥のダウンは、小羽枝の密度が高いことに目を付けたモンベルは、特定の地域で育った水鳥から採取されたダウン以外は使用しないというこだわりを見せているのです。軽量化にもこだわり、登山シーンにおいて、荷物や体の負担を軽減することを目標に開発されました。
登山時に活躍するトレッキングシューズにも、モンベルのこだわりが集約されているといえるでしょう。トレッキングシューズにおいても海外製が多い中、日本人の幅が広く甲が高い足の形にフィットするトレッキングシューズを開発しています。モンベルのトレッキングシューズには、靴の内部にGORE-TEX®を採用しているモデルもあり、通気性と防水性が高められているのです。その他にも、ソールにもこだわりを見せるモンベルは、トレッキングシューズのソールにトレールグリッパー®を採用しました。
トレッキングシューズのソールとして主流であったVibram(ビブラム)に変わり、トレールグリッパー®を採用した理由には、日本独特の気候が関係しています。Vibramのソールは欧州基準で作られていたため、湿気の多い環境ではグリップに不安を感じる人も多くみられました。トレールグリッパー®は天候や地形に左右されにくく、多くのシーンで高いグリップ力を発揮しますので、日本のトレッキングにはうってつけの素材であるといわれています。ソールは張替えも可能ですので、長く愛用できるトレッキングシューズとしても高い人気を誇っているのです。
モンベルの創業者である辰野勇は、自身の登山家としての経験を活かしたテントづくりにも力を入れています。モンベルのテントの最大の特徴は、ベンチレーターが密閉できない構造です。これは気密性が高まりすぎないように考えられました。その理由には、辰野勇が冬山でチェルトで寝ていた際に、酸欠になってしまったという経験があげられます。実際に登山を行うスタッフたちの経験に基づき研究開発されているモンベルのテントには、安全性や機能性の高い構造が採用されているのです。また、日本の温暖湿潤な気候に対応できるテントづくりも目指しています。
そんなモンベルのテントのなかで、定番といえるのがムーンライトテントです。月明かりの下でも素早く設営ができるこのテント、軽量でありながらも居住性が高いのが特徴でしょう。防水性や通気性も兼ね備えたムーンライトテントは、豊富なサイズ展開も人気の秘密です。日本のキャンプ場では必ずといっていいほど見かけるこの商品は、モンベルのヒット商品のひとつとして数えられています。

モンベルの買取価格・相場

モンベル製品の買取価格は、製品の状態によって異なります。まず、機能性が追及されたモンベルのダウンウエアのひとつである『パーマフロスト ライトダウンジャケット』は、手入れをされたきれいな状態であれば、5000円程度での買取が可能です。人気のデザインの商品ですので、着用感があっても5000円くらいが相場であると考えましょう。また、『ゴアテックス パウダーランドパーカ』の場合にも、その人気の高さから1万5000円といった買取価格がつけられているのです。
ダウンジャケットには、極寒地でも使用できる高性能なモデルから、ファッション感覚で楽しめるタウンユースのものまで幅広いラインナップがみられます。新品や高性能のものほど買取価格は高くなり、新品未使用品であれば高額査定の期待が高まるといえるでしょう。中古であっても『プラズマ1000 アルパインダウン』は5000~7000円が相場です。
寝袋のジャンルにおいては『U.L.ウルトラライト スーパースパイラルダウンハガー』に1万円という買取価格がつけられています。もし、状態がいいアイテムであればさらなる高額査定も狙えるでしょう。寝袋のなかでも保温性と軽量性に優れた『マミー型』は、高値で買取られている傾向にあります。マミー型のシリーズの中でも『ダウンハガー900』の相場は2~2万5000円と非常に高く、『ダウンハガー650』でも5000~1万円程度での買取が期待できます。
モンベル製品で人気のテントでは、付属品の有無が査定のポイントとなりますので、全てを揃えて買取に出すといいでしょう。使用感が感じられる『モンベル ムーンライトテント1型』でも、付属品がそろっていたことで8000円で買取られています。『ムーンライト 9型』の場合には1~2万円が相場であり、『クロノスドーム4型』の相場は2~6万円です。人気の『サンダードーム 2型』では、5~10万円も期待できるでしょう。
リュックサックの分野では、長期トレッキング用の中型~大型の容量の製品であれば高額査定が狙えます。リュックサックでも、ジャケット類と同じように新品や高性能なモデルであればあるほど高値で売却できるのです。軽量化を目指して開発された『リッジライン55』は、非常に人気のモデルであることから、買取相場も5000~8000円と高めに設定されています。バックパネルにクイックアジャストシステムが採用された『トレッキングパック55』でも、その機能性の高さから5000~8000円での買取が可能です。『チャチャパック45』の相場は1000~5000円と幅がありますが、これは状態によって買取価格が大きく変化すると考えましょう。

モンベル高価買取のコツ

モンベル製品の高価買取を狙うためには、いくつかの査定ポイントをおさえておきましょう。まず、買取では製品の状態が非常に重要視されます。新品か中古品によって買取価格は大きく変化しますが、中古品の場合には傷や汚れが査定の対象となるのです。なかでも、登山やキャンプといったシーンで使用していたアイテムは、手入れや保管方法によって買取価格が大きく変わります。
モンベルが得意としているレインアイテムなどの場合には、泥の跳ね返りなどがついていることもありますので、前もって汚れを落としておくのがいいでしょう。ただ、レインコートの場合には洗濯機に入れてしまうと撥水加工が取れてしまうことも考えられます。雨具として機能しなくなることで買取価格に影響しますので、レインコートの汚れは拭き取っておくのがいいでしょう。さらに、撥水加工のスプレーもしておくと買取でも高評価を得やすくなります。
ダウンジャケットなどの場合には、ハンガーにかけて風通しの良い場所に干しておくとダウンがふっくらと復活します。シミや汚れが目立つ場合には次のユーザーへと高く転売できませんので、シミや汚れはなるべく取り除いておきましょう。
フリースなど、ストリートでもおしゃれ着として活用できるアイテムは、トレンドによって買取価格に影響が出ます。なかでも、レディースのトレンドはめまぐるしく変化しますので、着なくなった商品をいつまでも手元に残していては高く売却するチャンスを逃してしまうのです。新しいデザインであればあるほど高く売れる傾向にありますので、なるべく早く売却するのがコツでしょう。
また、冬のダウンを夏に売却しても買い手がつきにくいことから買取価格が下がることがあります。すぐに転売できる商品ほど高く売れますので、ダウンの場合は、寒くなる直前の秋など、1つ前のシーズンに売却するのもひとつの方法です。さらに、偽物でないことが証明できるメーカーオリジナルのタグなどがある場合には一緒に持ち込みましょう。
その他にも、テントなどの大型製品の売却には、付属品がすべて揃っていることで高額査定の対象になります。本体用、ポール用、ペグ用のスタッフバッグが付属しているか、必要な本数のポールがそろっているかも重要なポイントですので確認しておくのがいいでしょう。組み立て方法などが記載されている取扱説明書の有無も、買取では評価されますので、一緒に持ち込みます。
もし、複数のアイテムをまとめて売却した場合には買取価格にプラスされることもあるのです。そのため、いくつかのモンベルアイテムを同時に買取に出すのもいいでしょう。

宅配買取の流れ

空いた時間で、好きな場所で、簡単手間なし!

  1. STEP1 お申し込み
  2. STEP2 宅配キットを受取
  3. STEP3 商品を送る
  4. STEP4 査定結果のご連絡
  5. STEP5 お振込み

フクウロSNSでお得な買取キャンペーン情報をいち早くご紹介!

WEBから宅配買取を申し込む

ページTOPへ